MENU

キャットフードのミルクと牛乳の違いは?

キャットフードのミルクと牛乳の違いは?

猫は乳脂肪分を豊富に含む牛乳を好んで飲むといわれていますが、基本的に猫の飲み物は不純物のない純水です。
猫には猫用のミルクが適しており、猫用のミルクには下痢や胃痛の原因となる「乳糖」が含まれていないことから、猫ちゃんの消化器に負担をかける心配もありません。

  • 猫用ミルクの特徴

  • スーパーやペットショップ、ネットショップへ行くと、まれに販売されている「猫用のミルク」。
    一見ふつうの牛乳と同じものですが、中に含まれる栄養素が異なります。
    まだ一度も猫用ミルクを使ったことがない方もいると思いますが、このミルクは猫ちゃんのお腹に負担のかからない専用の「ペット牛乳」です。
    水分や乳脂肪分は摂取しつつ、消化器官に負担をかけず、腎臓疾患の予防にも効果的とされています。
    そして、ペットショップには、猫用ミルクが市販されています。猫用ミルクは人間用の牛乳と比較した場合値段が高く、人間は猫用ミルクを飲むことができません。
    猫にとって牛乳は脂肪分が多く、下痢やお腹の調子を低下させる可能性もあります。
    ふだんからお腹を壊しやすい猫ちゃんにはもちろん、子猫や高齢猫ちゃんにも、猫用のミルクが安全である事はいうまでもありません。

  • 猫ちゃんには猫用ミルクを

  • 子猫には子猫用のミルクを与えるのが基本ですし、療養中の猫ちゃんであっても牛乳やスキムミルクなどは決して与えないようにしてください。
    「水やお湯で薄めているから」といって市販の牛乳やスキムミルクを与えてしまうと、猫ちゃんにとって必要な栄養素が摂取できなくなってしまいます。
    特に拾ったばかりの子猫は、お母さん猫の母乳の代わりに猫用ミルクを与えるのが理想的。
    どうしても猫用ミルクが手に入らない場合は牛乳やスキムミルクで代用しなければなりませんが、基本的には子猫から高齢猫まで、すべての猫ちゃんには猫用ミルクが基本となります。
    健康な成猫であればミルクは不要なため、無理に与える必要はありません。
    もしも牛乳が大好きな猫に育った場合は、栄養バランスや肥満などに注意しながらおやつ程度に与えてあげてください。