MENU

お皿からキャットフードを食べない時の教え方とは

お皿からキャットフードを食べない時の教え方とは

のら猫ちゃんに多いのですが、お皿から直接フードを食べず、一度皿の外に置いて食べる(もしくは別の場所に持っていって食べる)場合があります。
完全なのら猫ではなくても、少しでも野外で暮らした経験がある猫ちゃんなら、その時の習慣がいつまでも残り続ける子もいます。
飼い主さんとしては本当に困ってしまいますが、どのようにしつければキレイに食べてくれるのでしょうか?

  • お皿で食べるように教える

  • 子猫は正しい食事の仕方が分からず、一般的な家猫に比べてかなり野生的な食べ方をします。
    飼い主さん自身がお皿の前に猫ちゃんの体を置いて、ここで食べるんだよと教えてあげれば、その行動が刷り込みとなって残ります。
    大人の猫の場合は、いつも同じ場所に安定して食事を置くようにしましょう。
    「ここにくれば食事ができるんだ」と思えば、猫ちゃんも安心してお皿から食べるようになりますよ。

  • お皿の形を変えてみる

  • 一つめの方法としては、猫ちゃんが食べる食器のサイズや深さを変えてみることです。
    個体によって本当に好みがまちまちなのですが、容器が深ければ安心して食べられる子もいれば、浅い(ほとんど平たい形状)方がさくさく食べられる子もいます。
    お皿の高さも問題で、地面すれすれの平たい皿で問題ない場合や、逆に首をかがめる必要がないくらい高さが必要になることもあります。
    キャットフードhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.net/review.htmlの食べ方がなっていないと思ったら、形・深さ・高さなどをいろいろ変えてみて工夫すると良いでしょう。

  • 周りが気になって焦り食いをしている

  • 神経質な猫ちゃんは、周りの物音や雑音、他のペットの事が気になって、がつがつと焦り食いをしている子もいます。
    「自分の食事を取られたらいやだから、他の場所で食べよう」と考えて、あえてお皿から出すのです。
    猫ちゃんが安心して食事できるように、給餌の場所を静かなところに変えるか、他のペットと部屋を分けるようにすると落ち着いて食べられるようになりますよ。